» 【コラム】信頼できる商品、販売者とは? GMP?ISO?HACCP?

【コラム】信頼できる商品、販売者とは? GMP?ISO?HACCP?

世の中にはあふれるほどのサプリメントや化粧品などがありますよね。

お客様は何を基準にそれらを選んでいるのでしょうか?

本当に効果があるの?と疑うことは少なくないかもしれません。

「健康のため」「肌のため」と思って選んでいても、実は品質が良くないことも・・・

今日はOEMのお問い合わせでも多い品質管理についてお話していこうと思います。

 

 

 

1.『GMP』『ISO9001』『ISO22000』認定の工場とつながっているアットモアで商品作りをするメリットをご紹介!

 

☑商品の信頼性がある

☑競合の商品と差がつけられる

☑ネット販売の時に条件を満たすことが出来る 

例えばAmazonで健康食品の通販を考えている場合、製造工場が取得しているHACCP認定証、GMP認定証、または食品安全認定書であるISO22000認定書が必要です。

HACCPについては、製造工場が小規模事業者に該当する場合は、食品等の取り扱いに従事している人数を申告して、「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」が確認できる資料の提出が必要となり、アットモアはこれに該当します。

Amazonの健康食品販売について、詳しくは以下をご覧ください。

Amazonの健康食品販売について

 

アットモアでは、お客様のご依頼に合わせた工場と連携を取り、商品をおつくりします。

お問い合わせ

 

2.信頼できる品質の参考指標

健康食品や化粧品の一部は医薬品ではありません。そのため、品質の管理が製造者任せになっています。

品質が一定でなかったり、表示されている成分が十分に入っていないなどの可能性もあります。

そのため、自分で安全な製品を見極めることが必要です。

≪品質の参考指標≫

☑「GMP認定工場」で作られているか

☑「ISO〇〇認証」表示

☑「HACCP認証機関」

今回は、この3つについて簡単にご紹介します。

 

3.GMPとは?

GMPGood Manufacturing Practice)は日本語で「適正製造規範」と言われています。

製品を作る過程において、原材料の受入れから最終製品、出荷までの全ての工程で安全に作られ、「一定の品質」が保たれるようにするための“基準”のことです。

●≪GMPの三原則≫

「人為的な誤りを最小限にすること」

「汚染および品質低下を防止すること」

「高い品質を保証するシステムを設計すること」

GMPの三原則とは、誰がいつ作業を行っても全く同じ品質で高い品質を作るための原則と言えます。

 

薬機法では、医療品、医療機器、化粧品は「医薬品GMP」「医療機器GMP」「化粧品GMP」がないと製造ができないと法律で決まっています。

しかし、健康補助食品ではGMPは必須ではありません。

 

4.ISO9001、ISO22000とは?

ISOとは、スイスのジュネーブに本部が置かれている非政府機関 International Organization for Standardization(国際標準化機構)です。

ISOは国際的に通用する規格を制定することを主な活動としており、ISOが制定した規格をISO規格といいます。

ISO規格は、国際的な取引をスムーズにするために、「世界中で同じ品質で同じレベルのものを提供できるようにしましょう」という国際的な基準となります。

 

≪マネジメントシステム規格≫

組織マネジメントシステムについてもISO規格が制定されています。

ここではOEMに関わりのある『ISO9001』、『ISO22000』についてご紹介します。

 

・『ISO9001』:品質マネジメントシステム

⇒一貫した製品やサービスを提供すること、顧客の満足度を向上とさせるためのマネジメントシステム

つまり、製品・サービスを提供するまでのルールのようなものといえます。

これは、GMPに似ているところがありますね。

 

・『ISO22000』:食品安全マネジメントシステム

HACCPの食品衛生管理手法を基にした、安全な食品提供を行う食品安全マネジメントシステム

つまり、食品の生産から最終消費までのすべての段階において安全性を守るルールのようなものです。

 

ISOについて知りたい方は以下のページも参考にしてみてください。

一般財団法人 JQA日本品質保証機構

 

5.HACCPとは?

HACCPは令和361日から、原則、すべての食品等事業者においてHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが義務づけられました。

 

HACCPHazard Analysis and Critical Control Point)とは、食品の衛生管理手法のことです。

詳しくいうと、食品の製造・加工の工程で発生するかもしれない危害(Hazard)をあらかじめ分析(Analysis)し、いつの段階でどんな対策を行えば安全な製品を作ることができるのかという重要管理点(Critical Control Point)を定めて監視するシステムとなります。

難しいですが、被害を未然に防ぐためのシステムのようなものです。

*製造工場が小規模事業者に該当する場合は、食品等の取り扱いに従事している人数により、「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」を行います。

詳しく知りたい方は厚生労働省のページも参考にしてみてください。

厚生労働省 HACCP

 

6.まとめ

以上『GMP』『ISO9001』『ISO22000』『HACCP』についてお話でした。

GMP』『ISO9001』『ISO22000』『HACCP』の認定が取れている場所で作られている商品は安心、安全で品質の高い商品と言えますね!

ぜひ、健康食品、化粧品を選ぶ際には参考にしてみてください。

 

 

アットモア株式会社は品質管理を徹底し、商品のご提供をさせて頂いております。ご希望の場合、工場の見学も承っております。

 

管理栄養士の視点、エステサロンの経営から見出した長い経験と実績、そしてすべてをサポートする体制があります。つまり、クオリティの高いオーダーメイド商品の製造ができ、生みだした商品をそのまま継続的に自社ブランドとして販売していくことができます。

一緒に本物の商品づくりをしてみませんか?

お問い合わせ

 

 

Warning: Use of undefined constant ja - assumed 'ja' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/studio/atmore.co.jp/public_html/manage/wp-content/themes/atomore/single-ja.php on line 39

お取引を希望される方へ

サンプル請求

アットモア講習会

お問い合わせ