» 【番外編】6月23日は沖縄県民の休日『慰霊の日』。忘れてはいけない沖縄戦

【番外編】6月23日は沖縄県民の休日『慰霊の日』。忘れてはいけない沖縄戦


『慰霊の日』という休日をみなさんご存知でしょうか?
今は、魅力的な沖縄の大自然。
でも、過去の悲しい出来事である沖縄戦があったことを私たちは忘れてはいけません。
本日はOEMとは少しお話がずれてしまうかもしれませんが、沖縄素材を扱う私たちが知らなければならない沖縄戦慰霊の日についてお話していきます。
 
<目次>
1.6月23日、慰霊の日とは?
2.慰霊の日に考える、忘れてはいけない沖縄戦
3.沖縄戦について学べる観光スポットをご紹介!
4.沖縄戦から学ぶ「ぬちどぅ宝」「命こそ宝」
 
1.6月23日、慰霊の日とは?
623日の「慰霊の日」は、米軍と日本軍との間で起こった戦争が終わった日とされています。
1945623日に、沖縄に派遣されていた日本軍の「牛島さん」という司令官と長参謀長が自決したことから、この日が「慰霊の日」として定められました。
そして、沖縄県民は『慰霊の日』が休日です。
沖縄だけ休日があることを不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
第二次世界大戦で敗れた日本は、連合国軍の占領下に置かれていましたよね。
特に沖縄県は日本が占領下を外れた後も、アメリカの統治下に置かれていたことがありました。その際に、沖縄独自の休日が定められていたため、今も沖縄県の条例によって「慰霊の日」が休日として残っています。
そしてお昼の12時になると“うーとーとー(目をつぶって手を合わせて黙とう)”1分間行います!
沖縄戦で命を落とした方々を想い、世界の平和を願う大事な1分間です。
今年できなかった皆様も来年、再来年と、この記事を思い出して“うーとーとー”してみてくださいね。
 
2.慰霊の日に考える、忘れてはいけない沖縄戦
沖縄戦をみなさんは知っていますか??
1945年の太平洋戦争の末期に、日本軍と沖縄に上陸したアメリカ軍が主体の連合国軍との間で行われた戦いです。
連合軍は、4月1日に1,500隻近い艦船と延べ約54万人の兵員をもって沖縄本島に上陸を開始し、ここから約 3~5ヶ月にわたる沖縄戦が始まりました。
コラムを書いている私は、日本軍が本土の方へ攻め込むのを防ぐための戦略であったと小学生の頃に教わった時、とてもショックだったのを覚えています。
たくさんの命が奪われた沖縄戦、県民を巻き込んだ激しい地上戦。
一般の犠牲者は推計で約10万人、日本兵を含むと約20数万人ともいわれています。
 
3.沖縄戦について学べる観光スポットをご紹介!

・ひめゆりの塔・ひめゆり平和記念資料館 (糸満)
沖縄戦の戦場で看護要員として動員された『ひめゆり学徒隊』について学べる施設。
・沖縄県平和記念資料館(糸満)
悲惨な沖縄戦の実態と教訓を若い世代へ正しく継承すること、平和を創っていくための学習、研究及び教育の拠点施設。
子供やお年寄りを疎開させるための「対馬丸」が沖縄から長崎へ向かう途中にアメリカの潜水艦によって攻撃され、多くの子供たちが漂流された対馬丸事件のこと等が学べる施設
沖縄戦の日本海軍沖縄方面根拠地隊司令部のあった所で、司令官室、作戦室などが当時のまま残され、その一部が現在公開されている施設。
 
今回紹介した施設は、戦争体験者や遺族の方から直接お話を聞くこともできます。
(*予約等が必要な場合もあります)
詳しくはホームページを拝見してみてください。
 
4.沖縄戦から学ぶ『ぬちどぅ宝』『命こそ宝』
沖縄のキレイな青い海、自然豊かな景色などキラキラしているイメージ。
ところがネットでの検索を「沖縄」から「沖縄戦」と一文字加えるだけで、白黒の写真がたくさん出てきます。
これが、戦争の恐ろしさを語っているのではないでしょうか??
私たちの今ある命は、
ご先祖さまたちが生きたかった命で、誰かが生きたかった命なのです。
『ぬちどぅ宝』
『命こそ宝』
慰霊の日である今日こそ、命のありがたさを考えてみませんか?
そして、沖縄に来た際にはぜひ、沖縄戦が学べる場所にも足を運び、平和について学んでみてはいかがでしょうか?
世の中から戦争がなくなり、平和が訪れることを祈っています。
 
私たちアットモア株式会社も沖縄の天然素材を使って商品作りが出来る喜びを忘れず、
生き抜いてくれた天然素材に感謝して商品作りを行い、沖縄の魅力を伝えて、皆様の健康づくりのお手伝いを行ってまいります。
沖縄素材を使用した商品作りを行いたい方、是非一度、お問い合わせください。
共にいい商品作りましょう!
ご連絡お待ちしております。
お問い合わせ

Warning: Use of undefined constant ja - assumed 'ja' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/studio/atmore.co.jp/public_html/manage/wp-content/themes/atomore/single-ja.php on line 39

お取引を希望される方へ

サンプル請求

アットモア講習会

お問い合わせ